音楽について

胎教とは

妊娠した女性の方達が、お腹にいる赤ちゃんとのコミュニケーションの一つとして、生まれる前に胎教する人は多くいるでしょう。
そこで、胎教についてご紹介したいと思います。
胎教は、クラシック音楽を聴くと良いとされていますが、それ以外にもできる胎教とは何か。
それは、お腹の赤ちゃんに向かって名前を呼んであげたり、話しかけたり、絵本などの本の朗読を聞かせたりする方法もあります。
胎教は、マタニティーヨガなどの軽いスポーツも胎教の一部として捉えられており、安産にもなるとされています。
また、妊娠中のママ達が、充実したマタニティーライフを過ごしてもらえる事や、精神の安定を努め、赤ちゃんに良い影響を与えられる方法でもあります。

胎教とクラシック音楽

胎教にクラシック音楽が良いとされているのは有名ですが、実際どのように効果的なのか気になりますよね。
そこで今回ご紹介するのが、クラシック音楽がどのように胎教に良いかです。
クラシック音楽には、高周波数が多く含んでいる事で、脳内にリラックス効果があると言われています。
そのため、クラシック音楽を聴いているママもリラックスができるため、胎教にも良いとされています。
クラシック音楽以外にも、ママがリラックスできる音楽でも胎教に良いとされています。
科学的根拠があるかないかは定かではありませんが、夜泣きをしない、安産の傾向がある、情緒の安定した子に育つなどがあります。
胎教が効果的に良いとされている時期は、胎動を感じ、お腹にいる赤ちゃんが脳や五感などの発達が始まったころが良いとされています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る