クラシック音楽とは

音楽には、音による芸術、音による表現など様々あり、世界でも色んな音楽があります。
音楽には、音の高さ(低音や高音)、音色、音量、リズムなどが要素になっています。
様々な要素などが組み合わさり、色々な音楽のジャンルが生まれます。
昔はジャンルの変化がなく、融合性もありませんが、現代では様々なジャンルが複雑な合成になっており、新たなジャンルを生み出しています。
ポピュラー音楽では、ジャズ、ロック、フォークソング以外にも、R&B(リズムアンドブルース)テクノポップなど多様にあります。
昔は、録音技術がなかったため、生演奏で音楽を聴くことや、再生音楽では、レコードなどで音楽聞く事ができます。
現代では、ネットやCDで音楽を聴く事ができます。また。最新の曲を知る事や聞く事ができるのは、ネットで検索する事も可能になってきました。
録音技術は、エジソンが1877年に発明した、フォノグラフから始まります。
しかし、音楽の加工の技術的可能性が広がったのは、1990年代とされています。
人の好みによっては、ジャンルは様々で、気分を上げたい時に聴きたい音楽や、元気出したい時に聴きたい音楽、癒されたい時に聴きたい音楽、眠る時に聴きたい音楽など、音楽文化は、国によっても違ったりしますが、日常生活ではかかせないものとなっています。
また、音楽文化は国によってルーツが根強く、社会問題や差別問題などのメッセージ性が強いです。そのため、心に響くような音楽は、人を動かす事ができるのではないでしょうか。

TOPへ戻る